籠池泰典 実家/家族 高松市で海運業? 父親母親兄弟 自宅は豊中市千里

スポンサーリンク

今回は学校法人森友学園元理事長、学校法人籠池学園の理事長の籠池泰典さんについて紹介します。

今回は、
籠池泰典 実家/家族 高松市で海運業? 父親母親兄弟 自宅は豊中市千里
について調べました。

その他の情報も交えて詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

籠池泰典 プロフィール

・本名   籠池康博
・通名   籠池泰典、籠池靖憲
・生年月日 1954年(昭和29年)
・年齢   62ー63歳
・出身   香川県高松市
・出身大学 関西大学

籠池泰典さんは籠池康博と言うのは本名で、 本名、籠池泰典、籠池靖憲の3つの名前を使い分けているようです。

昨日7月31日 学校法人「森友学園」(大阪市)が国や大阪府の補助金を不正受給したとされる事件で前理事長の籠池泰典(本名・康博)(64)と、妻の籠池諄子(本名・籠池真美)(60)両容疑者が、国の補助金をだまし取ったとする詐欺容疑で逮捕されました。

籠池容疑者らは設計会社役員らと共謀し、2016年2月下旬、実際の小学校建設の工事費が「15億5500万円」だったのに、「23億8400万円」と記載した虚偽の工事請負契約書などを提出。木材を使った先進的な建築を対象に支給される国の補助金計約5600万円を詐取した疑い。

出典:http://www.yomiuri.co.jp/national/20170731-OYT1T50062.html

籠池さんの「お国のために全てを捧げる」という考え方は日本会議の考え方が元になっていると言われています。

スポンサーリンク

家族

実家は高松市で海運業?

プロフィールにあるように籠池さんの出身は香川県の高松市です。
高松市の中でも港町の近くで育ったそうです。

さらにその近くには籠池通りと言われる道路があったと言われています。
その籠池通りですが、高松市内の屋島東小の立石港の近くにあったのではないかと推測されている方がいました。

なぜこのような自身の苗字が冠された通りがあるのかというと、籠池泰典さんは村上水軍という中世に瀬戸内海で活動した水軍の末裔の可能性があるからのようです。
籠池さんの実家が海運業という噂がありますが、港町に生まれたということで、信憑性は高いです。

詳しく調べてみると、籠池さんの実家は海運業と陸運業を同時に営んでいてすごく裕福だったとの情報がありました。
しかし籠池さんが小学校3年生の時に、実家の海運業はいきづまり倒産してしまったと言います。

それから籠池一家は兵庫県尼崎市へと引っ越しました。

尼崎市にも籠池通りという通りがあるようで、籠池一家は尼崎の親戚のもとへ身を隠しに行ったのかもしれません。

父親と母親の情報はなし

籠池泰典さんの両親について調べてみましたが情報は全く出てきませんでした。

籠池泰典さんは韓国人だという情報もあるので、 両親のどちらかが韓国人である可能性があります。
籠池泰典と言う名前は通名で、本名は康博です。
妻の諄子と言うのも通名で、本名は籠池真実なので、韓国人だと言うのは信憑性の高い情報だと思います。

兄弟の情報はなし

籠池泰典さんの兄弟についても調べてみましたが、出てきませんでした。
兄弟の名前が世に出ていないということはいないか全く無名の人物だということですね。

籠池と言う名字は珍しいので有名になったらすぐわかるはずです。

スポンサーリンク

自宅

籠池泰典さんの自宅について調べてみると、大阪府豊中市千里中央ではないかという情報が出てきました。

しかしその情報は誤りで、籠池さんの自宅は豊中市本町のようです。
籠池さんの自宅の前にはマスコミが押しかけているようで、近隣では有名になってしまっているようですね。

籠池さんは安倍晋三記念小学校と名付けられていた小学校の工事代金21億円中16億円を支払っていないので、自宅が差し押さえられているそうです。

徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件 [ 佐高 信 ]



政治家
スポンサーリンク
もふりぽ

コメント

error:Content is protected !!