ホッキョクグマ 村襲撃の理由は?動画/場所/被害状況 非常事態宣言を発令

ホッキョクグマ 村襲撃が話題になっています。
ロシアにて50頭を超える大量のホッキョクグマは村を襲撃しています。

場所も判明し1分間にわたる動画も見つかりました

スポンサーリンク

ホッキョクグマ 村襲撃 ざっくり言うと?

・ロシアで50頭を超えるホッキョクグマが村を襲撃
・ ロシアの曲はホッキョクグマに対する非常事態宣言を発令
・ 襲撃された村は約3000人が暮らしているロシア北東部のノバヤゼムリヤ列島の定住地ベルージャ・グバ
・ お客も襲撃する原因の一つは温暖化で追い詰められている

ホッキョクグマ 村襲撃 動画

Polar Bears Invade Russian Arctic Town

ネットの反応/感想コメント

温暖化でホッキョクグマの餓死が深刻な問題になってるなかホッキョクグマも生きるのに必死!
餌付けは良くないけど、温暖化には人間もかなり原因してるし氷に変わる人工島作るとかなんかでホッキョクグマのサポートしてなんとあ人間との距離もたもてないでしょうか、、、ホッキョクグマにしてみたら餌がなければとれるとこに来なければしかたないし、人間が自然界に近づいて生活してるのだから人間が移動するしかない気がします、、、

ヒグマやツキノワグマに、イノシシに鹿や猿とかでる地域は大変らしい

爺さんの話では季節によると田舎のことを何も知らない都会の親戚や余所者とかが、山に紅葉や花見をしたり、山菜やら取りに来たりするそうです

地域の人が余所者が来ているのを誰も知らないで、山とかでツキノワグマや猪に襲われて人里まで辿り着ける気力と怪我ぐらいで済んだなら運が良いほうだって

猪だけじゃなく熊や危険な生き物が出る場所は、地元の人が行くなって言ったとこには絶対に近づくな行くなを覚えとく事
危険な野生動物や場所がある地域だけは、その場所で生まれ育ったもん以外は対処できん事もあるからと言われたのを思い出した

プーチンさんが熊と戦っている動画を見たことがありますが、あの方に追っ払ってもらいましょう。

絶滅危惧だの地球温暖化に見られる環境問題だの、人間的視点で考えるからおかしくなる。太古の植生だとか恐竜だとかも、氷河期に一度は絶滅したけど何も問題なく現代まで地球は存続している。人間が守ろうとしているのは人間にとって都合の良い自然環境だろう。地球は人間の都合など知らんよ。

パンダには中国に何億も払っているのに、在来種のヒグマやツキノワグマをすぐ捕殺する日本人はどうかしてる。
ホッキョクグマは絶滅危惧種だから簡単に殺されないことは救いだけれど、痩せ細って今にも死にそうな姿を見るととてもつらい。

もし、これが日本で羆が集団で街を襲撃して来たら?と
考えると恐ろしいですな。青森ではツキノワグマが人間を
襲い食べた実例もあるし。(それも数頭・・・)

生物の動態に変化があるというのは何かの前触れかも知れない。
同じ地球に住む生命が危機に直面しているということは、何時か巡り巡って我々の頭上に厄災として降りかかるかもね。

人間のエゴなのか、それとも自然現象なのか、どちらにせよ生態系は徐々に変わりつつあるね。

コメント

error:Content is protected !!