向井秀徳 学歴と経歴|出身大学/高校/中学校/小学校 偏差値や学生時代のエピソード【卒アル画像】

スポンサーリンク

今日は向井秀徳さんについて紹介します。

今回は、
向井秀徳 学歴と経歴|出身大学/高校/中学校/小学校 偏差値や学生時代のエピソード【卒アル画像】
について調べました。

その他の情報も交えて詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

向井秀徳 Wiki風プロフィール

むかい しゅうとく
向井 秀徳
出生名 向井 秀徳(むかい ひでのり)
別名 無戒秀徳、向畑徳徳、向井徳次郎
生誕 1973年10月26日(45歳)
出身地 佐賀県三養基郡北茂安町(現・みやき町)
学歴 佐賀県立鳥栖高等学校卒

職業 ミュージシャン
活動期間 1995年 –
レーベル MATSURI STUDIO

向井秀徳 経歴

1973年、佐賀県北茂安町(現・みやき町)に生まれ、幼少期を大阪府高槻市で過ごす。
小学校低学年の頃、8歳上の兄からプリンスを聴かされ、その影響で洋楽に興味を持つ。

中学生になりギターをはじめ、レッド・ツェッペリン の「アキレス最後の戦い」をコピーしようとするが難易度が高く断念、作曲を始める。

佐賀県立鳥栖高等学校卒業後、映画監督を目指して日本大学芸術学部を受験が不合格。
ライブハウスのPAや、久留米市の外人バーでバーテンダーとして働きはじめる

1995年、中尾憲太郎らとナンバーガールを結成し、ボーカル&ギターを担当。
2002年、ナンバーガール解散。
その後ソロ活動「向井秀徳アコースティック&エレクトリック」という名義のソロ活動や、ZAZEN BOYSというバンドを結成し、ボーカル&ギター、キーボードを担当。

2018年2月 ナンバーガール再結成を発表

向井秀徳 出身大学

上述のように、向井さんは日本大学芸術学部を受験しました。
芸術学部なので偏差値はあまり関係ないようですが、芸術学部の偏差値は40、映画学科は52くらいのようです。

向井さんはもともと大学受験をするのではなく、映画の道に進みたいと思っていたようです。
ですが、映画の道に進むためには早稲田や京王の比じゃないくらい勉強しないとだめだと、後で気づいたと語ります。
結果、映画の道にはすすめなかったといいます。

向井秀徳 出身高校

向井さんの出身高校は佐賀県立鳥栖高等学校です。
佐賀県鳥栖市古野町にある高校で、1927年設立、偏差値は58です。

2007年に、佐賀県立香楠中学校を併設しましたが、向井さんが通っていた頃は高校のみだったようです。

向井さんは高校三年の秋の文化祭の講堂のステージに、バンドトラップで出場。
楽器ができる知り合いの家の、蔵のようなところに機材を持ち込み、そこで練習したといいます。

その時向井さんはギターボーカルではなくベーシストだったようで、兄のベースを借りて出ました。
演奏したのは、ローリング・ストーンズのジャンピングジャックフラッシュや、ZIGGYのGLORIAなどの楽曲。
普通のコピーバンドだったようです。

それだけでは物足りないと感じた向井さんは、「俺はラップもやる」と思いたち、兄のドラムマシンに簡単あんビートを打ち込み、DLとして松隈善弘という人に参加してもらったようです。

文化祭前夜に、松隈善弘さんが向井さんの家に泊まり込み、徹夜でラップの歌詞を考えたとか。
二人でいいちこ五合瓶を飲みながら一睡もせず本気で歌詞を書いたといいます。
普通に未成年でお酒飲んでますね。

その後文化祭がどうなったかなどの詳しいエピソードは、向井さんの著書「三栖一明」に詳しく書かれてあるようです。

三栖一明 ([テキスト]) [ 向井秀徳 ]

向井秀徳 出身中学

向井さんの出身中学は公表されていません。

向井さんの出身地である佐賀県三養基郡北茂安町(現・みやき町)には
・みやき町立北茂安中学校
・みやき町立中原中学校
・みやき町立三根中学校
・北茂安中学校
などがあるので、この中のどれかである可能性が高いです。

向井さんの(おそらく中学校の)卒業アルバム画像は以下です。

【画像】向井秀徳 卒業アルバム
厚岸のおかず【電子書籍】[ 向井秀徳 ]

向井秀徳 出身小学校

向井さんの出身小学校は公表されていません。

向井さんの出身地である佐賀県三養基郡北茂安町(現・みやき町)には
・みやき町立三根東小学校
・みやき町立中原小学校
・みやき町立三根西小学校
・みやき町立北茂安小学校
などがあるので、この中のどれかである可能性が高いです。



芸能
スポンサーリンク
もふりぽ

コメント

error:Content is protected !!