花柳幻舟の現在 本名:川井洋子 転落死現場場所 結婚 夫 子供 天皇陛下に爆竹【顔写真画像】

スポンサーリンク

今日は花柳幻舟さんについて紹介します。

群馬県警安中署は1日、同県安中市の「めがね橋」下の遊歩道で舞踊家、花柳幻舟(本名・川井洋子)さん(77)が倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されたと明らかにした。写真を撮影中に誤って転落した可能性があるとしている。

署によると、発見されたのは2月28日午後5時ごろで、約1時間後に死亡が確認された。転落したとみられる地点の高さは約23メートルで、持っていたデジタルカメラに、橋の上から真下の遊歩道を撮った写真が残っていた。

出典:舞踊家の花柳幻舟さん死亡 群馬・安中、橋から転落か  :日本経済新聞
花柳幻舟 我が闘争

今回は、
花柳幻舟の現在 本名:川井洋子 転落死現場場所 結婚 夫 子供 天皇陛下に爆竹【顔写真画像】
について調べました。

その他の情報も交えて詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

花柳 幻舟 Wiki風プロフィール

花柳 幻舟(はなやぎ げんしゅう)
本名 川井 洋子
1941年~1942年 – 2019年2月28日(77歳没)

舞踊家、女優、作家、フェミニスト。

死因は転落死 現場場所は?

YouTube

花柳幻舟さんが転落死したのは群馬県安中市の碓氷(うすい)の第三橋梁です。
通称『めがね橋』と呼ばれています。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/c2/Usui_no.3_bridge.JPG/1024px-Usui_no.3_bridge.JPG


2月28日午後5時ごろ、その橋の下の遊歩道で倒れているところを発見されました。

デジカメで風景を撮影していた際に、足を滑らせて転落した可能性があるとのことです。

デジカメで橋の下を撮ろうとして落下したようだが

クレヨンしんちゃんの作者がデジカメで山の下を撮ろうとして

落下した荒船山は ここから直線で10数キロだ

場所としては通好みの渋い選択ですね。

最期まで人様に迷惑かけてるように思う…。
死んだ場所は旧国鉄時代の碓氷峠の通称『めがね橋』で
ここも心霊スポットとかにならなければイイけど。

久しぶりに聞く名前でした。昔はお綺麗な方でしたね、行動はともかく。ご冥福をお祈りします。

結婚して夫や子供はいる?

花柳幻舟さんは18歳の時に建設業事務所でバイトをしていた男性にプロポーズされ結婚します。
その後、離婚したようです。

その間、夫から自立するために、日本舞踏花柳流に入門をしています。

子供がいるとの情報はありませんでした。

花柳幻舟さんの若い頃の画像は以下です。

天皇陛下に爆竹?

https://pbs.twimg.com/media/B6mFgrWCUAAbxV8.jpg

花柳幻舟さんは過去に2回、事件を起こしています。

1回目は1980年2月、東京国立劇場の楽屋廊下で、花柳流宗家家元三世花柳寿輔の首を包丁で切りつけ、全治二週間の怪我を負わせました。

2回目は1990年11月、天皇即位礼のパレードにて、カツラ+厚化粧で変装し、ウォークマンで音楽を聴くふりをしながら天皇陛下を待ち構え、天皇陛下が乗ったオープンカーに点火した爆竹60本をなげつけました。

その事件は罰金4万円の有罪判決。
しかしその支払を拒否し、東京拘置所で20日間の労役に服しました。

服役中は英語の取得のため勉強、休憩時間にはストレッチをしていたといいます。
それに対して刑務所側は、花柳さんにストレッチをさせないため、休憩時間を廃止。

出所後、花柳さんは国を被告として、損害賠償を求める訴訟を起こしています。
その訴訟がどうなったかは不明です。

ネットの反応

茶の間を騒がせた人だ
特筆した才能があるのだろうけど
あまり関わりたくない方かな…

バランス崩しての転落死ですね。
クレヨンしんちゃんの作者も崖上から崖下を撮影してましたね。
彼はエホバの証人の信者だったので自殺では無い。
私も建設中の橋を見に崖近くまで行き これは危ないと
思ったことありました。バランス崩してしまうんだよね。
まぁ花柳さんらしい死に方かもしれません。
畳の上で死ぬことを拒否るような女性だったので
ある意味 本望だったかもしれないですね。合唱。

昔から無茶する美人舞踏家で有名だもんね。
人生の最後に花柳の隆盛をも1回願ってのことかね。
よくわからないけど、テレビみて魅力的な女性の一人として思いで深い方です。
ご冥福をお祈りいたします。

無理な撮影での転落でしょうか??

あまりに残念です。

花柳流と聞くとお家騒動など揉め事を思い出してしまう

事故だと思いますが、残念です

ご冥福をお祈りします

この人今でいうと極左的な思想の持主であったのかもしれないが,最期があっけない去り方だった。平成の時代と共に去って行きました。

久々のニュースがこれか。端から落ちた原因はわかりませんが象徴的な結末になりましたね。心やすらかに迷わず成仏してください。合掌。

ある世代には、自演の2時間ドラマの印象かな?
奥崎謙三、花柳幻舟と山本太郎、辻元清美では
山本、辻元は小粒過ぎる。

それにして、爆竹を投げたことや、家元制度に反対した理由を知りたい。なぜそんなことをしたのか?動機は何なのか?

家元を継承すると宣言し事実上継承することになった前家元とか若くして家元を譲ったそのお孫さんの現在の家元様とかにも、いろいろ言ってほしかったですね。御愁傷様です。



芸能
スポンサーリンク
もふりぽ

コメント

error:Content is protected !!